パクスプエラ@仙台MACANA

  • 2018.06.10 Sunday
  • 16:30

 

SET LIST

 

01. 1! 2! 3!

 

02. 青・蒼・碧

03. STAR

 

YURIKA 「今日はですね、午前中はね、国際センター…じゃなくて、の近くで餃子まつりがあったわけなんですけど、行ってきた人ー? お、ほとんどの方が来てくださって。皆さん餃子は食べましたか? 皆さん何が美味しかったですか?」

 

客 「餃子」

 

YURIKA 「そりゃそうですよね (笑)」

 

04. アメノバカ

05. PAX 〜It's so wonderful day〜

 

06. DDDD

07. 小さなこの手で

 

 

イカリエ-XB1

  • 2018.06.10 Sunday
  • 12:50

 

スタニスワフ・レムの『マゼラン星雲』を基に、「スター・トレック」や「2001年宇宙の旅」に先立つ1963年に社会主義のチェコスロバキアで製作され、後のSF映画にも影響を与えたと言われる、映画史的にも重要なSF作品。2018年5月、<デジタル・リマスター版>にて本邦初劇場公開が実現。

 

2163年。宇宙船イカリエ-XBが世界初の生命探査の旅へと出た。地球への帰還までおよそ15年、高速で移動する乗組員にとっても2年間という長旅。その内部では様々な年齢の男女40人が共同生活を送っており、人間関係のもつれも次第に表面化していく。そんなある日、正体不明の宇宙船に遭遇する乗組員たちだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

船内セットや陰影が印象的なモノクロの画が非常にスマートで良かった。エンドロールが無くばっさり終わるのには面食らったけど潔い。ゆったりとした前半の話の流れは、眠気を誘うけどスタートレックのいちエピソードのようで心地良かった。

 

 

・・・・・・・・・@仙台MACANA

  • 2018.06.10 Sunday
  • 10:00

 

SET LIST

 

01. Inventions (Maserati)

02. サテライト

03. スライド

04. ねぇ

05. 東京マヌカン (ピノキオピー)

 

06. Dash De Koi (sajjanu)

07. Goa Than Words (sajjanu)

08. YOLO no taki

09. Bones (Massacre)

10. Surfing (Massacre)

 

VTR

 

11. 星屑フィードバック

12. 1998-

13. トリニティダイブ

14. Can You Feel The Change Of Seasons?

15. きみにおちるよる

16. Blue Star (cattle)

17. クリームソーダのゆううつ (tip Toe)

18. いくつかの夜、いくつかのさよなら

19. ソーダフロート気分

 

 

中西香菜@スクエア荏原・ひらつかホール

  • 2018.06.08 Friday
  • 00:00

SET LIST

 

【1回目】

 

MC:鈴木啓太 (上々軍団)

 

コーナー 「わたしこれからどう生きていけばいい?」

 

コーナー 「わたしをもっと追い込んで」

 

倍速ヤッタルチャン with 足つぼシート

 

01. 元気者で行こう! (真野恵里菜)

 

サプライズゲスト:真野恵里菜

 

02. 黄昏交差点 (真野恵里菜) / 中西・真野

 

03. 私の心

04. パン屋さんのアルバイト

 

05. YOUR SONG 〜青春宣誓〜 (松浦亜弥)

 

【2回目】

 

MC:鈴木啓太 (上々軍団)

 

コーナー 「わたしこれからどう生きていけばいい?」

 

コーナー 「わたしをもっと追い込んで」

 

胸キュンアドリブお芝居をしよう

 

サプライズゲスト:真野恵里菜

 

01. 元気者で行こう! (真野恵里菜) / 中西・真野・鈴木

 

中西 「楽しかった (笑)」

 

真野 「楽しかった」

 

鈴木 「楽しかった、楽しかった、二人は。俺、不安でいっぱいだった (笑)」

 

02. 黄昏交差点 (真野恵里菜) / 中西・真野

 

03. 私の心

04. シューティングスター

 

05. YOUR SONG 〜青春宣誓〜 (松浦亜弥)

 

 

 

 

パーティで女の子に話しかけるには

  • 2018.06.02 Saturday
  • 00:00

 

人気作家ニール・ゲイマンの同名短編を「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「ラビット・ホール」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化した異色のSF青春ロマンス。1970年代のロンドン郊外を舞台に、冴えないパンク少年がパーティで出会った異星人の美少女相手に繰り広げる奇妙で甘酸っぱくて切ない恋の行方を描く。主演は「マレフィセント」「ネオン・デーモン」のエル・ファニングと、トニー賞主演男優賞を最年少で受賞した注目の若手アレックス・シャープ。共演にニコール・キッドマン。

 

1977年、ロンドン郊外。パンクが大好きなのに自分は内気で鬱屈した毎日を送る高校生エン。ある日、ライブの帰りに不思議なパーティに迷い込んだ彼は、そこで美少女のザンと出会う。規則だらけの生活にうんざりしていた彼女はエンが語るパンクに興味を持ち、パーティを抜け出し、エンと一緒に街へ繰り出す。そんな彼女の正体は、遠い惑星からやって来た異星人だった。そして彼女が地球にいられる時間は残りわずか48時間だったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

時折挿入されるサイケデリックな映像や、どう見ても宇宙人には見えない仮装大会レベルのチープな衣装デザインが楽しい。雲を掴むような変なゆるさとエキセントリックさがあるけれども鼻にはつかず、少し泣き笑いしてしまうような心地良い余韻が残るラストにはグッと来た。純情パンクス青年もニコール・キッドマンも良いキャラクターだったけれど、何より異星人を演じたエル・ファニングの魅力が爆発していて最高だった。姉のダコタ・ファニングが以前『PUSH 光と闇の能力者』で酩酊演技をしているのを見た時は、「アイ・アム・サムであんなに小さかった子が成長したな〜」と軽く衝撃を受けたのですが、その比じゃないくらい無茶苦茶な事やってて笑ってしまった。

 

 

LUNA SEA@日本武道館

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 18:30

 

 

SET LIST

 

01. Hold you Down

02. TONIGHT

 

03. Dejavu

04. JESUS

 

05. Limit

06. Brand New Days

07. 誓い文

 

08. gravity

09. 闇火

10. I for You (Acoustic)

 

Drums Solo

 

Bass Solo

 

11. Be Awake

 

12. STORM

13. TIME IS DEAD

14. ROSIER

15. BLACK AND BLUE

 

Encore

 

16. So Sad

 

メンバー紹介

 

17. BELIEVE

18. PRECIOUS...

19. WISH

 

 

 

犬ヶ島

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 14:20

 

「グランド・ブダペスト・ホテル」の鬼才ウェス・アンダーソン監督が近未来の日本を舞台に、「ファンタスティック Mr.FOX」に続いてストップモーション・アニメ技法で描く異色のファンタジー・アドベンチャー。囚われた愛犬を捜すため、犬たちが隔離された島“犬ヶ島”に単身乗り込んだ少年が、島の犬たちの力を借りながら愛犬捜しに奔走するとともに、背後にうごめく巨大な陰謀に立ち向かう大冒険を描く。ボイスキャストにはエドワード・ノートン、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンをはじめとする豪華ハリウッド・スターに加え、渡辺謙、夏木マリ、野田洋次郎はじめ多彩な日本人キャストも多数参加。ベルリン国際映画祭ではみごと銀熊賞(監督賞)を受賞。

 

2038年の日本。ドッグ病が蔓延したメガ崎市では、小林市長が人間への感染を防ぐために、すべての犬を“犬ヶ島”に追放すると宣言する。やがて犬ヶ島に隔離された犬たちは、自分たちだけで生き延びることを余儀なくされ、空腹を抱えて辛い日々を送っていた。そんなある日、一人の少年が小型飛行機で島に降り立つ。彼は3年前に両親を事故で亡くし、親戚の小林市長に引き取られたアタリ。孤独な彼の悲しみを癒してくれた護衛犬のスポッツを救出にやって来たのだった。そして島で出会った個性豊かな5匹の犬たちの協力を得て、いざスポッツを捜す旅に出るアタリだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

犬は英語を喋り、少年は日本語を喋り、英語と日本語のどちらにも字幕が付く文字の応酬と、細部まで拘られたストップモーションが絶え間なく続くので、目に飛び込んでくる情報量が多すぎて、全部見逃したくねー、あー楽しい、と、始終幸せな時間でした。『ファンタスティック Mr.FOX』でもそうだったけど、横スクロールが始まった瞬間楽しすぎる! 映画最高!とずっと思ってた。ゴミの島に捨てられた犬たちは当然ゴミにまみれた容姿のため汚いんだけど、そのキャラクターでどんどん愛らしく見えてくる。上品さとブラックなユーモアが丁度良くて心地良い。ハッカー少年好きだな。毒寿司を作るシーンの画の鮮やかさ、途方も無い拘りが見えて凄まじかった。特にあのシーンは何度でも見たい。ウェス・アンダーソンありがとうございます。

 

 

Seiichi Ida,Tasuku Sano,ビル・フィネガン
ユニバーサル ミュージック

数字の羅列

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Twitter

読んだ

新しいの

categories

古いの

罵詈雑言

recommend

recommend

ファーストアルバム(仮)
ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
アップアップガールズ(仮)

recommend

recommend

recommend

ブラクラ

profile

森田検索

others

モザイク

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR