処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ

  • 2020.04.06 Monday
  • 00:00

 

ノルウェーの鬼才トミー・ウィルコラによるゾンビホラー「処刑山 デッド卍スノウ」の続編。

 

雪山でゾンビの大群に襲われ、仲間や恋人、さらに自分の右腕も失ったマーティン。奇跡的に一命を取り留めたものの、病院で目を覚ますとゾンビの腕が移植されていた。その腕はナチゾンビ軍団のヘルツォーク大佐のもので、マーティンはコントロールできず殺戮を繰り返してしまう。腕に宿るパワーを次第に使いこなすようになったマーティンは、アメリカの対ゾンビ部隊「ゾンビスクワッド」とともにナチゾンビ軍団に立ち向かう。

 

ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。 (C) 映画.com

 

前作の日本公開が10年前。内容はほぼ忘れてしまいましたが、シリアスにもコメディにも振り切れていなかった半端さで、前評判の割にはあまりピンとこなかった覚えだけあるのですが、今作・・・おもしれーーー!

 

話は前作の直後から始まるのですが冒頭でスムーズなダイジェストが入るのでなんの問題もなかったですね。舞台は雪山から長閑な風景での市街戦に移ったので、めちゃくちゃにやるほど平地でなにやってんだこいつらという滑稽さに笑ってしまった。ホラーの定石崩して、子供、老人、身体障害者が容赦なくヒドい有様で死ぬ死ぬ。ノルウェーのユーモア〜。そして、車椅子のキャラクターの活躍が熱かった。ゾンビものでは定番のはみ出た腸や臓器のギミックも多彩で楽しかった!

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR