1917 命をかけた伝令

  • 2020.02.23 Sunday
  • 00:00

 

「アメリカン・ビューティー」「007 スペクター」のサム・メンデス監督が第一次世界大戦の西部戦線を舞台に、まるで全編ワンカット撮影かのような切れ目のない驚異の映像で贈る戦争アクション大作。1600人の味方の命がかかった重要な指令を届けるため、最前線へ向かって戦場を駆け抜ける2人の若いイギリス人兵士の姿を、圧倒的な臨場感で描き出す。主演はジョージ・マッケイとディーン=チャールズ・チャップマン。共演にマーク・ストロング、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ。

 

第一次世界大戦真っ只中の1917年。西部戦線ではドイツ軍の後退が始まり、イギリス軍はこれを好機と、追撃に乗り出そうとしていた。しかし、それはドイツ軍の罠だった。そのことを一刻も早く最前線の部隊に伝えなければならなかったが、あいにく通信手段は途絶えてしまっていた。そこで若い兵士スコフィールドとブレイクが呼び出され、翌朝までに作戦中止の命令を届けるよう指令が下る。この伝令には味方の兵士1600人の命がかかっていた。その中にはブレイクの兄も含まれている。こうして2人は塹壕を抜け出し、いくつもの危険が待ち受ける無人地帯(ノー・マンズ・ランド)へと飛び込んでいくのだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

屍体にたかる蝿、啄む烏、四肢が欠損した人間、ぶくぶくに水を含んだ土左衛門・・・兵士の息遣いと屍体の腐臭が漂ってきそうな臨場感溢れる死屍累々の戦地を横断していく様に気が休まらないほどの没入感がある。ワンカットではなくあくまでワンカット風ですが、計算され尽くしたカメラワークや、これどうやって撮ってんの???という撮影技法に思いを馳せればひれ伏して気が遠くなってしまう。また、夜のシーンの陰影は息を呑むほど鮮やか。すごすぎ。

 

指令を受けた兵士二人の内、悩ましげな表情が印象的なジョージ・マッケイ(あ、『マローボーン家の掟』ですごく良かった俳優だ…と途中で気づいた)の、道中もう一つ絶対に伝えなければならないことが増えた思いを胸に旅路を行く姿にはグッと来た。

 

 

メイキングも見応えありますね…

 

 

Original Soundtrack
Sony Classical

スポンサーサイト

  • 2020.08.01 Saturday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR