ヘレディタリー/継承

  • 2018.11.30 Friday
  • 15:45

 

サンダンス映画祭で絶賛され、低予算ながら全米でスマッシュ・ヒットを記録した衝撃のホラー・サスペンス。グラハム家を支配してきた祖母の他界をきっかけに、忌まわしき“何か”を受け継いでしまった家族を待ち受ける戦慄の運命を、緻密な脚本と俳優陣の迫真の演技で描き出していく。主演はトニ・コレット、共演にガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド。監督は本作が長編デビューとなるアリ・アスター。

 

グラハム家の祖母エレンが亡くなり、娘のアニーは夫のスティーブに支えられ無事に葬儀を終える。夫婦には高校生の息子ピーターと13歳の娘チャーリーがいたが、チャーリーは次第に異常な行動をとり始める。そんなある日、ピーターがパーティに行くことになり、アニーはチャーリーも連れていくことを条件にこれを許可するのだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site


黒沢清、はたまた制作費が潤沢な白石晃士作品という印象の不穏極まりない禍々しい快作でした。やったー! 最高ー! 『哭声/コクソン』や『キル・リスト』も思い出すオカルトでしたね。母親役のトニ・コレットのオーバーアクション過ぎる顔面も、そこにいるだけで妙に怖い娘役のミリー・シャピロ(映画デビュー作?!…マジかよ)も、この静謐で極悪な作品に一役も二役も買っていました。身体も精神も甚振られとことん悲惨な目に遭う息子を不憫に思いながらも、その顛末から目を離さずにはいられなくなります。

 

 

きゃー!

 

 

きゃーー!!

 

 

Yeah!!! (アリ・アスター監督とグラハム家)

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.17 Monday
  • 15:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR