クワイエット・プレイス

  • 2018.09.28 Friday
  • 00:00

 

低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めたサスペンス・ホラー。音を一切出さないように細心の注意を払い、何かに怯えながら生活する一家の戦慄のサバイバルの行方を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実生活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが自ら務めている。

 

音に反応し人間を襲う“何か”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか生き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして子どもたちは手話で会話し、裸足で歩くなど、音を出さずに生活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな一家には、妊娠中のエヴリンの出産という最大の危機が目前に迫っていたのだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

音に反応する怪物は満を持してではなく結構序盤にその姿見せますが、三半規管が映えるデザインは新鮮。そんな聴覚が発達した怪物から逃れるため、音を出さない生活を余儀なくされる中、母親のエミリー・ブラントが妊娠中である事がこの映画をスリリングにする最大のポイントなんですよね。母親にその時が来る事は、喜びでもあり最大のピンチでもあり、音が出る事は絶対に避けられない。そして、それを経た後も、戦々恐々する日々が終わり無く続くのは絶望的すぎる。また後半、聾唖である娘に父親が手話で伝えるメッセージは、言葉よりもより強く響いてくるので涙腺が緩んでしまった。親子愛を感じるそのシーン含め、ラストカットは痺れるカッコよさ。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.10.14 Sunday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR