南無と阿弥陀の疑似漫才 第5回

  • 2009.04.18 Saturday
  • 00:00
阿弥陀 (以下、阿) 「最近の邦画界は、「おくりびと」のアカデミー賞 外国語映画賞受賞以降、また盛り上がっている感がありますよね」

南無 (以下、南) 「同時期に公開されている「クローズZERO」や「ドロップ」などの不良映画も、相乗効果で活気づいていますよね」

阿 「あと、話題になっていると言えば、今日から公開される、綾瀬はるかさん主演の映画ですよ」

南 「パイオツバレーだっけ?」

阿 「違うよ!」

南 「パイズリバレーだっけ?」

阿 「さらに違うよ! ひどい下ネタになってるし!」

南 「じゃ、少林サッカー?」

阿 「もう、何もかも違うだろうが! 「おっぱいバレー」だよ!」

南 「もちろん、18禁の映画だよな?」

阿 「全然、そういう映画じゃないよ! あらすじを引用すると…」

1979年、北九州。中学校の新任国語教師・美香子は、男子バレー部の顧問を任されるが、そこに待っていたのは、バレーボールすらまともに触ったことのないやる気ゼロのダメダメ部員たちだった。彼らのやる気を引き出し、廃部寸前のバレー部を何とか立て直そうとする美香子だったが、ひょんなことから“試合に勝ったら、おっぱいを見せる”というとんでもない約束をさせられるハメに。おっぱいを見せるなんて絶対無理と思いながらも、別人のようにやる気を見せ始めた彼らと、日々の練習を通じて次第に信頼関係を築いていく美香子。そんな矢先、“おっぱいの約束”が学校で大きな問題となってしまう。 (C) allcinema


阿 「という内容なんだけれども、タイトルがタイトルなだけに配給会社では、抵抗のある人向けに「OPV」という呼び方を推奨しているらしいんだ」

南 「「OPPAI」じゃダメなの?」

阿 「ただローマ字にしただけじゃねぇか!」

南 「でもさ、映画見に行くとき絶対恥ずかしいよな」

阿 「ん〜、でも考えすぎなんじゃないの?」

南 「きっと俺なんか緊張しちゃって、窓口で「あ、あ、綾瀬はるかさんの、お、お、おっぱい見せて下さい!」って言っちゃうかもな」

阿 「バカかお前は!」

南 「それで、受付の人に「は?」って聞き返されて、焦っちゃって、「もう、誰でもいいんでおっぱい見せて下さい!」なんて、その場を取り繕ったりしてな」

阿 「もう、何言ってるかわかんねぇよ!」

南 「オパイオ州!」

阿 「うるせー!」

南 「ま〜、これに限らず、声に出すのが恥ずかしいタイトルってありますよね」

阿 「永作博美&松山ケンイチ主演で話題を呼んだ「人のセックスを笑うな」とか」

南 「ジョージ・クルーニー、マット・デイモン出演のサスペンスで「シリアナ」っていうのもありましたよ」

阿 「そういえば、ありましたね」

南 「タイトルで「シリアナ」ってねぇ……もう、最終的には、「アヌス」でいいよ!」

阿 「いいわけねぇだろ!」

南 「あと、「パイパニック」も声に出すのが恥ずかしいですよね!」

阿 「それは「タイタニック」をパロったエロ映画だろうが! そんなの見てる方が恥ずかしいよ! いい加減にしろ!」

スポンサーサイト

  • 2019.12.07 Saturday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    数字の羅列

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Twitter

    読んだ

    新しいの

    categories

    古いの

    罵詈雑言

    recommend

    recommend

    ファーストアルバム(仮)
    ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
    アップアップガールズ(仮)

    recommend

    recommend

    recommend

    ブラクラ

    profile

    森田検索

    others

    モザイク

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR