ヘレディタリー/継承

  • 2018.11.30 Friday
  • 15:45

 

サンダンス映画祭で絶賛され、低予算ながら全米でスマッシュ・ヒットを記録した衝撃のホラー・サスペンス。グラハム家を支配してきた祖母の他界をきっかけに、忌まわしき“何か”を受け継いでしまった家族を待ち受ける戦慄の運命を、緻密な脚本と俳優陣の迫真の演技で描き出していく。主演はトニ・コレット、共演にガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド。監督は本作が長編デビューとなるアリ・アスター。

 

グラハム家の祖母エレンが亡くなり、娘のアニーは夫のスティーブに支えられ無事に葬儀を終える。夫婦には高校生の息子ピーターと13歳の娘チャーリーがいたが、チャーリーは次第に異常な行動をとり始める。そんなある日、ピーターがパーティに行くことになり、アニーはチャーリーも連れていくことを条件にこれを許可するのだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site


黒沢清、はたまた制作費が潤沢な白石晃士作品という印象の不穏極まりない禍々しい快作でした。やったー! 最高ー! 『哭声/コクソン』や『キル・リスト』も思い出すオカルトでしたね。母親役のトニ・コレットのオーバーアクション過ぎる顔面も、そこにいるだけで妙に怖い娘役のミリー・シャピロ(映画デビュー作?!…マジかよ)も、この静謐で極悪な作品に一役も二役も買っていました。身体も精神も甚振られとことん悲惨な目に遭う息子を不憫に思いながらも、その顛末から目を離さずにはいられなくなります。

 

 

きゃー!

 

 

きゃーー!!

 

 

Yeah!!! (アリ・アスター監督とグラハム家)

 

 

 

イット・カムズ・アット・ナイト

  • 2018.11.30 Friday
  • 12:00

 

長編デビュー作「Krisha」が高い評価を受けた新鋭トレイ・エドワード・シュルツ監督による注目のデビュー2作目となる衝撃の心理スリラー。謎の感染症の脅威から逃れるため、人里離れた場所で隔離生活を送る2組の家族の運命を緊張感溢れる筆致で描き出す。主演は製作総指揮も務める「ザ・ギフト」「ラビング 愛という名前のふたり」のジョエル・エドガートン。共演にクリストファー・アボット、カーメン・イジョゴ、ライリー・キーオ。

 

とある森の奥深くでは、ポールと妻のサラ、17歳の息子トラヴィスが未知の感染症に怯えながら暮らしていた。もはや人類は絶滅の寸前と思われ、ポールにとっては、そうした世界の脅威から家族を守ることだけが全てだった。やがて、そんな彼らのもとに、もう一組の家族が合流する。最初は警戒するポールだったが、ウィルと名乗る男の頼みを聞き入れ、“夜は入り口の赤いドアを常にロックする”というルールを必ず守ることを条件に、彼とその妻キム、幼子のアンドリューを受け入れる。こうして始まった2家族の共同生活は、互いに徐々に打ち解けていき、いつしか軌道に乗り始めたかに思われたが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

感染源が判明してギャーみたいなホラーだと思っていたら、精神を蝕んでいく厭なサスペンスでしたね。荒廃した世界で脅威から逃がれ生活している設定が『クワイエット・プレイス』と似ていますが、あちらでひしひしと感じた家族愛は、こちらには微塵も無い。ひたすらドブ沼に沈んでいくが如く気分が落ち込んでいきましたね…粗暴で何考えてるかわからないジョエル・エドガートンにはホントに関わりたくね〜

 


アポストル 復讐の掟

  • 2018.10.12 Friday
  • 00:00

 

1905年。誘拐された妹を救うため、孤島へ忍び込んだ男が、島を牛耳る狂信的カルト教団と対峙する。だが、その残虐非道ぶりは想像を絶するものだった。

 

Netflix

 

やりすぎハイテンションアクション『ザ・レイド』や、大傑作『SAFE HAVEN』のギャレス・エヴァンス作品のため、とにかく派手な描写を期待していたら肩透かしを食らってしまいました…。要所要所で、おっ!と思うゴア描写や『ザ・レイド』を想起するアグレッシブなカメラワーク(頭くり抜き、槍で串刺し)はありますが、基本は派手さよりも、地味さ不穏さが支配している作品でしたね。妹を探すため単身奇妙な島に乗り込む冒頭は『ウィッカーマン』を彷彿とさせますが、異教のあの明るさコミカルさは皆無で、ひたすら不穏な空気が張り詰めていました。単身乗り込むダン・スティーヴンスは、常に眼力が凄いので、こいつホントに善人か?イカれてんのか?とずっと思ってた。

 

 

ブリグズビー・ベア

  • 2018.10.04 Thursday
  • 00:00

 

アメリカの人気バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍するコメディ・ユニット“GOOD NEIGHBOR”のメンバー、カイル・ムーニーが脚本・主演を務め、同じくメンバーの一人、デイヴ・マッカリーが監督を務めた異色のハートウォーミング・ドラマ。赤ちゃんの時に誘拐され、外の世界を知らずに育ち、大人になって突然解放された青年が、初めての世界に戸惑いつつも、周囲の優しさに支えられてある願いを叶えるべく奮闘していく姿を心温まるタッチで描き出す。共演はクレア・デインズ、マーク・ハミル、グレッグ・キニア。

 

両親と小さなシェルターの中で平和に暮らしてきた25歳の青年ジェームス。彼の楽しみは、子どもの頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見ること。ところがある日、警察が来て、両親だと思っていた2人が、赤ちゃんだった彼を誘拐した犯人だと判明する。突然外の世界に連れ出され、本当の両親と高校生の妹と一緒に暮らすことになったジェームス。何もかもが初めてで、戸惑うばかりだったが、何よりもショックだったのは大好きだった「ブリグズビー・ベア」が、偽の両親によってつくられていたため、2人の逮捕によって新作が見られなくなってしまったこと。その事実をどうしても受け入れられず、自ら「ブリグズビー・ベア」の映画版をつくり、シリーズを完結させると決意するジェームスだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

ジェームスの周りの人々がみんな優しくて泣いてしまう…隔離された世界での生活と教育、育ての親が誘拐犯だったというテーマから『ルーム』『籠の中の乙女』『八日目の蝉』といったどれもヘヴィな背景がある作品が思い浮かんだのですが、そのどれとも趣が異なり、とにかく明るくポップに描かれていましたね。ジェームスがある場所から脱出する際の高尚なやり方とセリフはベタだけどめちゃくちゃ笑ってしまった。今まで見続けてきた教育ビデオの続きを作りたいという純粋過ぎるジェームスの意欲と、そこに誘拐犯の顔がちらつく嫌悪があるにも関わらず息子の想いを尊重する両親の寛容さと友人たちの温かさに、後半は涙腺がダバダバ緩みっぱなしでしたね…ジェームスの今後が希望に満ち満ちたものになる予感を感じさせてくれるラストカットも素晴らしかった

 

 

 

ミスミソウ

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 00:00

 

人気漫画家・押切蓮介が、閉鎖的な田舎の中学校で繰り広げられる壮絶なイジメが引き起こす不条理な悲劇とヒロインによる凄惨な復讐劇を描いた伝説の鬱漫画を「先生を流産させる会」「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督が実写映画化したバイオレンス・ホラー。主演は山田杏奈、共演に清水尋也。

 

家族で東京から過疎の町に引っ越してきた少女、野咲春花。転校早々、よそ者として壮絶なイジメを受け始める。しかし自身もイジメのトラウマを抱える担任教師は徹底して見て見ぬふりを決め込み、リーダー格の小黒妙子が主導するイジメは激しさを増していく。それでも春花は同じ転校生で、彼女のことを唯一気に掛けてくれる相場晄を心の支えに必死に耐え続ける。ところがある日、何者かに我が家を放火され、両親を奪われたうえ、純真無垢な妹までもが瀕死の重傷を負うという事態に直面し、ついに持ちこたえていた心が崩壊してしまう春花だったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

好きな原作が実写化される際に生まれるありがちな不安は、監督に"内藤瑛亮"の表記を見た時点でほぼ無かったため、安心して観始めたのですが、全く完全に正しい実写化になっていて素晴らしかった。雪景色に血の赤が映える画は本当に美しい。ファーゴのよう。役者陣はあまり知らない人たちでしたが、強い目が印象的だった主演の山田杏奈さんをはじめ、後半がらりと印象が変わる清水尋也さんも、無茶苦茶に暴れまくる大塚れなさんも良かったな〜。原作で好きな「タイムって言ってんだろーが!」のシーンがそのままだったのは嬉しかった。老人がボコられるのは原作でも嫌な描写だったけど、実際、映像で見ても目を背けたくなる痛々しさがありましたね…

 

 

 

クワイエット・プレイス

  • 2018.09.28 Friday
  • 00:00

 

低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めたサスペンス・ホラー。音を一切出さないように細心の注意を払い、何かに怯えながら生活する一家の戦慄のサバイバルの行方を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実生活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが自ら務めている。

 

音に反応し人間を襲う“何か”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか生き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして子どもたちは手話で会話し、裸足で歩くなど、音を出さずに生活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな一家には、妊娠中のエヴリンの出産という最大の危機が目前に迫っていたのだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

音に反応する怪物は満を持してではなく結構序盤にその姿見せますが、三半規管が映えるデザインは新鮮。そんな聴覚が発達した怪物から逃れるため、音を出さない生活を余儀なくされる中、母親のエミリー・ブラントが妊娠中である事がこの映画をスリリングにする最大のポイントなんですよね。母親にその時が来る事は、喜びでもあり最大のピンチでもあり、音が出る事は絶対に避けられない。そして、それを経た後も、戦々恐々する日々が終わり無く続くのは絶望的すぎる。また後半、聾唖である娘に父親が手話で伝えるメッセージは、言葉よりもより強く響いてくるので涙腺が緩んでしまった。親子愛を感じるそのシーン含め、ラストカットは痺れるカッコよさ。

 

 

 

リグレッション

  • 2018.09.15 Saturday
  • 00:00

 

「アザーズ」「海を飛ぶ夢」のアレハンドロ・アメナーバル監督がイーサン・ホークとエマ・ワトソンを主演に迎えて贈るサイコ・サスペンス・ドラマ。ミネソタ州の小さな町を舞台に、1つの少女暴行事件を捜査する刑事が、やがて町に秘められた大きな闇に飲み込まれていくさまを描く。共演はデヴィッド・シューリス。

 

1990年、ミネソタ州。ブルース・ケナー刑事は、17歳の娘アンジェラを暴行した疑いで父親のジョン・グレイを取り調べる。するとジョンはあっさりと容疑を認めるが、実際のところ彼の記憶は曖昧で、どうにも不可解な事件だった。そこで著名な心理学者ケネスの協力を仰ぎ、記憶を遡る退行療法によって事件当時の状況を探ろうと試みるケナーだったが…。 (C) allcinema

 

Official Site

 

悪魔崇拝の話が出てきて、ステレオタイプな白塗り黒装束の人々の画があり「おっ!」と思ったけどオカルティックな落ちに帰結するわけではなかったね〜 2015年の作品なので日本公開まで3年掛かってるけれど、待ったかいがあるかというと、んーーーーーー・・・イーサン・ホークが事件に翻弄されていく姿や、常にテープレコーダーを回している設定は良かった。

 

 

数字の羅列

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Twitter

読んだ

新しいの

categories

古いの

罵詈雑言

recommend

recommend

ファーストアルバム(仮)
ファーストアルバム(仮) (JUGEMレビュー »)
アップアップガールズ(仮)

recommend

recommend

recommend

ブラクラ

profile

森田検索

others

モザイク

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR